北枕のいわれ(1)

北枕のいわれ(1)

最近の若い方がどうなのかは分かりませんが、私たちは通常、「北枕」は縁起が悪い!
と言われて育ってきました。

私など、完全に熟睡状態だったものを、祖父に起こされて向きを逆にさせられてこともあります。

北枕は、お釈迦様が入滅の際に頭を北にして体の右側を下にしたお姿で涅槃に入られた。
とする故事から、お釈迦様にならって亡くなった方を北枕にして寝かせるようになったと言われています。

また、北枕は故人の復活を祈る儀式の一環である!とも言われています。
生き返れ!生き返れ!
などと祈っている方はあまり見かけませんが、もしかしたらその様な意味合いもあったかもしれませんね。

ところで、お釈迦様と同じ向きならかえって縁起が良いのでは??

はい。私もそう思います。
ですから、どちらかというと、お釈迦様と同じ向きなど恐れ多くてできないよ!
からきているのではないかと想像しているわけです。
真意のほどはわかりませんが・・・

東洋医学や風水の世界では、「頭寒足熱」と言い、頭を北側に向けて横になることはとても有効なことだと説かれています。

Calendar