故人の好きな歌で送ることができる無宗教葬

故人の好きな歌で送ることができる無宗教葬

 故人をこの世から見送るときに、故人の好きな音楽をかけて送ることができる無宗教葬というものがあります。
やはり、故人が好きな音楽を演奏、または流した上で故人を見送ることができるというのは、故人のためにも良い葬儀ではないでしょうか。無宗教葬というのは、他の葬儀よりも故人の個人的な個性を出すことができる葬儀ではないかと思います。宗教に基づいた葬儀であれば、ある程度はその宗教の型にはめなければなりませんが、無宗教葬であればそのような制約を亡くした葬儀をすることができます。無宗教葬では、故人の好きな音楽を生演奏でもCDでも流すことができますし、また特に思い入れのある曲や歌があるとすればそれを参列者で歌いながら故人を見送ることもできます。なかなか無宗教葬は故人を偲ぶ方法としてよいのではないかと思います。

無宗教葬が最近注目される理由

最近、無宗教葬が注目されているそうです。ここでは、無宗教葬が最近注目される理由について見ていきましょう。

最近では、故人の遺志を尊重していろいろなスタイルの無宗教葬などのような葬儀を行うようになってきています。

伝統的な葬儀においても、故人の思い出になるような写真や故人が好きであったような花などを紹介するものもあるそうです。


葬儀社の選び方にお困りの方にお勧めします~2つのポイントを見て葬儀をしましょう~。


また、家族だけで行うもの、まったく自由に行うものもあるそうです。

最近その中でも人気になのが無宗教葬というものです。

無宗教葬は、故人が生前に好きだったような音楽で送りたい、音楽を通じて故人のことを思い出したい、というような要望から生まれてきたものです。

このように、無宗教葬は自由なスタイルの葬儀ということから人気になっているのではないでしょうか。


葬儀の準備から全てを自分たちで行うという形は今ではほぼ廃れてしまっています。葬儀社にお願いするケースが殆どです。そこで、葬儀社の選び方のポイントをご紹介します。葬儀社を見るときに2つのことを見ることをお勧めします。まず1つめはその葬儀社がJECIA( ジェシア )の認定を受けているかどうか。これは葬儀会社の格付け組織で、葬儀会社の質をはかっています。2つめは、第一級&第二級の葬儀ディレクターがいるかどうか。一級は5年、二級は2年の実務経験をつまないと受験資格がない資格です。ですから、この資格を持ったスタッフが多ければそれだけ信頼がおけるといえるでしょう。この2点に注目して葬儀社選びをしましょう。


Calendar