債権者と合意の上で市場で売却を目指す任意売却

債権者と合意の上で市場で売却を目指す任意売却

住宅ローンの滞納を何か月も続けると、 債権者から住宅ローンの残高を一括返済するよう求めてくることがあります。
もし一括返済できないときは住宅は差し押さえられ、競売で処分されることになります。 競売では持ち主の方が売却価格を決めることはできません。 競売では入札が行われ一番高い価格を提示した人が落札となります。
このために市場価格の5~7割程度で処分されることが多いです。 持ち主の意向にかかわらずに処分されるうえに、新聞などに競売物件として載ってしまいます。 ですが任意売却をされると債権者と合意の上で市場で売却を目指すので、競売より市場に近い価格で売却ができます。 任意売却した後に債務が残っている場合は分割返済に応じてくれます。 競売にかけられたと新聞に載ることもありません。 裁判所も通しませんので、周囲に知られることなく任意売却が行えます。
しかし債権者と交渉を行い応じてくれないと任意売却はできません。交渉力のある専門家に任意売却をお任せした方が良いでしょう。


任意売却と個人再生の比較検討

もし、住宅ローン滞納の原因が他の借金である場合は、任意売却以外にも個人再生が有力な選択肢となります。
個人再生というのは、住宅ローンを除く借金を5分の1から10分の1に圧縮することで借金返済の負担を楽にし、住宅ローンの返済はそのまま続けていく債務整理の手法です。 個人再生であれば住宅を手放さずに済むわけですからその点は任意売却よりも有利です。
ただ個人再生の場合は任意売却とは違って、住宅ローンの返済は今までとまったく同様に続けていかないといけません。 返済を続けられるだけの安定的な収入があることが求められます。 任意売却の場合は、住宅の売却代金の分だけローンの債務が減らせますから、負担は軽くなります。
収入に不安がある場合は個人再生よりも任意売却の方が良いでしょう。 また、個人再生の場合は、任意売却とは違って裁判所を介する手続きになりますから、官報という新聞のような媒体に実名と住所が掲載されてしまうというデメリットがあります。
秘密裏に手続きを進めたい人は任意売却の方が良いでしょう。

【神奈川県(横浜市)】
任意売却 鶴見区/ 任意売却 神奈川区/ 任意売却 西区/ 任意売却 中区/ 任意売却 南区/ 任意売却 港南区/ 任意売却 保土ヶ谷区/ 任意売却 旭区/ 任意売却 磯子区/ 任意売却 金沢区
任意売却 港北区/ 任意売却 緑区/ 任意売却 青葉区/ 任意売却 都筑区/ 任意売却 栄区/ 任意売却 泉区/ 任意売却 瀬谷区/ 任意売却 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
任意売却 川崎区/ 任意売却 幸区/ 任意売却 中原区/ 任意売却 高津区/ 任意売却 宮前区/ 任意売却 多摩区/ 任意売却 麻生区

Calendar