葬儀、告別式の順序

葬儀、告別式の順序

葬儀・告別式の順序は以下のとおりとなります。

1. 喪主、遺族親族着席(開式15分前)
祭壇に向かって右側に、喪主、身内、親族が着席し、向かって左側(祭壇から見て右側が上座になる)は葬儀委員長、来賓、会社の関係、友人代表等が着席する。

2. 僧侶(導師・衆僧)入場(全員合掌礼拝して迎える)

3. 開式の辞

4. 読経(30分ぐらい)

5. 弔辞(社葬等の場合は殆ど行われるが、個人葬の場合は行わない場合が多い)

6. 弔電 (数枚読み上げ後は名前のみ)

7. 僧侶焼香

8. 喪主・遺族焼香
焼香は基本的に故人からみて血縁の濃い順番で行いますが、たとえば父親が亡くなった場合の焼香順序は以下のとおりです。

 1. 喪主(長男)
 2. 妻又は母
 3. 母又は妻 遺族親族は焼香後会葬者に一礼する。
 4. 喪主の子供(故人の孫)
 5. 喪主の兄弟姉妹
 6. 故人の兄弟姉妹
 7. 喪主の妻の両親
 8. 喪主の兄弟の子(故人の孫)
 9. 喪主の義理の兄弟姉妹
 10. 喪主の従兄弟姉妹 喪主及び妻(母)は親族の焼香後会葬者に一礼する為に前方に出る。
 11. 故人の友人
 12. 故人の知人
 13. 一般会葬者

9. 僧侶退場(合掌して送る)

10. 喪主又は葬儀委員長の挨拶

11. 閉式の辞 12. 出棺


葬儀社を選ぶ際には、必ず見積もりをとりましょう。


●最後のお別れ
葬儀告別式が終了してから、故人へのお別れをします。一般会葬者は席を少し離れ、近親者・親族が中心となって行います。最後のお別れの際は棺のふたを取り、用意してある花で故人の身の回りを埋めます。本来は通夜の段階で入れますが、この場で棺の中に故人の愛用品や好物などを少し入れてもよいでしょう。ただし、金属や燃えない物など、火葬に際して入れてはいけない物がありますので、葬儀社の担当者の指示に従うようにしましょう。

●出棺
最後のお別れが終了したら、釘打ちを行います。濃い順に小石で2回づつ軽く叩きます。釘打ちは地方によっては行わない所も多くあります。 その後棺を霊柩車まで運びます。運ぶ係りは親族友人等が中心となって左右に3人ぐらいずつで棺を持ち、霊柩車には足から先に乗せます。棺を霊柩車に納めたら、会葬者を前にして喪主か親族代表が会葬者に対してお礼の挨拶を行います。セレモニーホールで葬儀を行う場合はホール内にて挨拶をする場合があります。その場合には出棺時は挨拶をしなくてもかまいません。


数多い葬儀社の中で、自分たちの思いなどが伝わってそれを形にしてくれる葬儀社はかならずあります。
金額やセレモニーの内容など、細かく教えてくれる葬儀社を探すためには、何社か見積りを取り、比べて自分たちに会う葬儀社を選ぶことをお勧めします。

Calendar