火葬と骨上げ

火葬と骨上げ

火葬場へは霊柩車とタクシー又はマイクロバス等で主に身内親族で行きます。霊柩車には喪主が、タクシーには親族その他が分乗します。マイクロバスや大型バスの場合は、タクシーのように分乗ではないので知人、友人等も乗りやすいでしょう。 火葬場へは火葬許可証、位牌、遺影を忘れないようにしてください。到着したら係員に火葬許可証を渡しましょう。棺は火葬場の炉の前で安置され読経後荼毘(だび)されます。火葬を行う竃(かまど)では線香等を供え一同で合掌し、最期のお別れをします。 火葬場では待合室を併設している場合が多く、遺族親族は火葬が終わるまで待合室で待ちます。僧侶の席は上席を用意するようにしてください。くれぐれも忘れないようにしましょう。この際、おつまみやビール、ジュース等を用意することが多いようです。

又、地方によっては火葬の待ち時間を利用しておとき(精進揚げ)をする所もあります。火葬場に待合い場所がない古い施設などの場合は一旦引き上げ、飲食(おとき、精進落とし、仕上げ)を行う場合があります。 火葬が終了したら、お骨上げを行いますが、二人が一組になり一人がお骨を拾いもう一人の人にそのお骨を渡し(箸渡し)骨壺に入れます。親族が皆で交代して行います。最後に身内の人が『のど仏』を拾い骨壺に入れ、頭蓋骨の一部のお骨が入った骨壺に蓋をするように入れ終了とします。 分骨を希望する場合には、事前に葬儀社に申し出ておくと分骨用の骨壺を用意してくれます。地方によって拾う骨の種類が異なる場合もありますので、火葬場の係員に従って下さい。骨揚げが終わると、火葬場の係員が骨壺を白木の箱に入れてくれますので白布に包んで喪主が持ち帰ります。 骨上げについて余談となりますが、係員が収骨を手伝ってくれます際、収骨室のない施設では焼骨が炉前に引き出されたら、それを家族が拾います。体の足の部分から、頭部に拾うようにします。

葬儀社を選ぶには本音で話しましょう。


関東では焼骨を全部収容しますが、関西では一部分の収骨となります。分骨をする場合は、葬儀社に前もって依頼しておけば、骨上げのときに分骨容器に収容してくれます。骨上げ式が終わりましたら、行きと違う道順を通り自宅へ向かいます。

なお、「骨上げ」は「こつあげ」と読み、「骨揚げ」とも書きます。また、収骨、拾骨ともいい、読み方はどちらも「しゅうこつ」です。 帰宅後は玄関に清め塩と清め水を用意し、手を洗ってから塩を撒いて清めますが、宗派によっては行いませんので事前に確かめておきましょう。

自分たちの今の現状をはっきりと伝えてどのくらいまでの規模で行うかをはっきりさせておくといいでしょう。
何も言わないと、どんどん見積りが膨らんでしまう恐れがあります。
自分たちが出来る範囲で故人を送りましょう。


Calendar