火葬式とは

火葬式とは

火葬(かそう)とは、葬送の一手段として遺体を焼却することをいいます。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指しています。火葬式とは、葬儀は執りおこなわなく火葬だけをおこない、荼毘に臥される事を中心に故人をみおくられる葬送式を言い、「直葬」とも呼ばれています。
火葬式をあげる理由としては、様々な人生から親族間での事情、身寄りのいない方、経済上の事情など、プライバシー性の強い事柄の事が多いようです。火葬式を希望される方の多くは、以下のような理由となります。


葬儀社の選び方を理解しましょう。いざと言う時、困らない為に事前の準備をお勧めします。


「葬儀はしないで、火葬のみですませたい」
「身内もいないので自分の事を考えておきたい」
「生活費も厳しい状態で、葬儀費用が出せない」
「誰にも迷惑をかけたくない」
「生前の故人の希望なのだから」
「本葬は故郷でおこないたい」
「病院の医療費を支払うのがやっとで、葬儀はできないから」
「親戚の者が亡くなったのですが、家族もいないので自分が葬儀をだしてあげないといけないから」
「生活保護を受けられていなく葬祭扶助も受けられないから」

もっとも、通夜・告別式を必ず行わないといけないわけではありません。大切なことは、どうしたら心から故人をみおくってあげる事ができるのか。これが一番大事な事なのです。ですので、本来、お葬式に「こうしないといけない・・・」という事はまったくないのです。思うように故人をみおくる。この気持ちが一番大切なのです。 このように様々な事情があるのですから、火葬式を希望する場合、ためらうことなく葬儀社にその旨を告げ、自分なりの葬儀をおこない故人を見送るようにしましょう。

一般的な葬儀を行ったとしても、すべてを解決できたお葬儀はなかなか難しいのです。ですので、自分なりに故人に対して、納得のできる心の見送りができればそれでよいのではないのでしょうか。 火葬を行なう際の施設や建築物を「火葬場」と呼びますが、日本では、火葬の後の「焼骨」は骨壷に収骨され、土中に埋葬(法律的には「焼骨の埋蔵」)されるか、納骨堂等に収蔵されることになります。これらは墓地、埋葬等に関する法律で決められています。したがって火葬は「葬儀の手段の一つ」というよりも、葬儀の一過程であるという考え方もあり、安定化、減容化処理の方法と言うことも出来ます。 火葬の後に散骨される場合もありますが、現在では北海道長沼町など、条例等により禁止・規制している地方公共団体も出現しています。火葬が常識となっている現代の日本では問題が少ないのですが、かつての日本のように土葬を習慣としていた韓国や欧米等でも、用地不足・衛生上の観点から、火葬にする事例が増えているのです。


葬儀はいつ訪れる儀式か分かりません、その為、事前に葬儀社の選び方を理解しておくことをお勧めします。
居住地域の葬儀の相場を把握して、吐出して高額だったり、安価過ぎる所は避けた方が無難です。
近年は葬儀も様々な形で執り行われる為、故人の意思を反映する方が多いので、事前に希望に沿ったプランを設定しているか確認しましょう。
葬儀社を幾つかピックアップして、いざという時に全く当てがない事態だけは避けたいものです。


 

Calendar