納棺の心得

納棺の心得

もともと通夜とは、遺体を悪霊や獣から守るために火を燃やして一夜を明かしたことからはじまり、現在のような形に発展しています。こうした古代の風習は、遺族や近親者が故人を偲びながら、枕元に集まって一夜を明かすという形で、今日まで継承されてきました。現在でも、地域によっては故人を布団に寝かせたまま通夜を営むところもあると言います。


お勧めします葬儀社の選び方を知っておくようにしましょう。


●納棺とは?
枕経が終ってから遺体を棺に納めることを「納棺」と呼びます。まずは遺体を清め、そして死装束をつけます。遺体を棺に納めたら、故人の愛用品なども一緒に棺の中に入れてあげましょう。故人が飢えに苦しまないようにと、地方によっては枕団子や一膳飯を棺に入れるケースもあります。すべてを納めたら生花で遺体を飾ります。飾る花は白菊を使うところが多いようです。次に棺に蓋をしますが、この時釘は打ちません。棺は北枕か西枕にし、通夜を行う部屋に運びます。 納棺では「一重ぶすま」「死装束」といった決まりがあります。「一重ぶすま」は、棺の底に敷く三尺三幅の白木綿のことで、通常は葬儀社が用意しますが、白い薄手の布団でもかまいません。一重ぶすまが用意できたら、その上に遺体を納めます。 次に、遺体に「死装束」を着せます。これは、死出の旅に出るということで旅僧の姿を模したものです。ただし、すでに遺体に死後硬直が始まっていますので、無理をせずつけるべきところに死装束を置くだけでもよいでしょう。

正式な死装束は、
1. 頭巾
2. 杖
3. 脚絆
4. 数珠
5. 経かたびら
6. 手甲
7. ずだ袋
8. わらじ
9. 白足袋となります。

死装束の仕度を終えたら、納棺の前に以下のようなことを行う必要があります。

◎末期の水
臨終が告げられたら血縁の近い順に「末期の水」をとります。末期の水には、亡くなった方が生き返ることを願う気持ちと、あの世で渇きに苦しめられないようにという願いを込めて行います。とは言え、実際に死者が水を飲むわけではありませんので、唇をぬらす程度にします。最近では、亡くなってすぐよりも、湯灌の時や納棺の前などに含ませることが多いようです。また、本来は仏式の儀式ですが、現在ではカトリックを除き、宗教を問わず行われることが多いようです。 

◎湯灌
故人の最後の姿を清らかにするために行われるのが「湯灌」です。かつては、ぬるま湯で全身を洗い清めましていましたが、死後硬直が始まると処置がしにくくなりますので、できるだけ手早く行いましょう。病院で亡くなった場合には看護士が、葬儀社がいる場合には担当者が行いますが、死者に対する最後の世話ですので、遺族が手伝うのもいいでしょう。  

◎死化粧
湯灌が終わったら髪を整え、爪が伸びているようでしたら切ります。男性の場合はひげをそり、女性には薄化粧を施してあげましょう。頬がこけている場合は、綿を含ませふっくらとさせてあげることが死者への心遣いとなります。遺髪や遺爪を希望する場合は、このときに切って保管しておくといいでしょう。


葬儀のやり方も実に様変わりしていろいろなやり方が可能になって来ました。
いざと言う時のためにも、どんなやり方で葬儀を行うのかを知っておくようにしましょう。 お勧めします葬儀社の選び方は、一般的な葬儀、家族葬、火葬のみで行うなどいろいろなやり方が出来る葬儀社を探すことです。 故人や遺族の希望にマッチするやり方が可能になる葬儀社であれば、滞りなく執り行えるようになるでしょう。 そのためにも、葬儀社の選び方は、まず、どんなやり方の葬儀が可能な葬儀社であるかを調べておくことをお勧めします。


 

Calendar