直葬・火葬式

直葬・火葬式

お通夜や告別式などを行わず、火葬だけの葬儀のことを「直葬」「火葬式」と呼びます。

火葬とは、火葬場にて遺体を焼いて骨にすることで、葬送の一手段となります。一般の葬儀でも最後は火葬場にて荼毘にふすように、遺体の焼却を伴う葬儀全体のことも指しています。ここでは、葬儀は執り行わない火葬だけの「直葬」「火葬式」についてご説明します。 一般的な葬儀を行わず、火葬だけで式を済ませるにはさまざまな理由があります。「病院の医療費を支払うのがやっと」「生活費も厳しい状態で、葬儀費用が出せない」など経済上の事情であったり、「身内もいないので自分の事を考えておきたい」などという場合もあったりします。もちろん、故人の希望というケースもありますし、誰にも迷惑をかけたくないと望まれている方もいらっしゃいますが、プライバシー性の強い事柄で火葬だけで済ませることが多いようです。


お勧めします葬儀社の選び方を知っておくようにしましょう。


中には、ご親戚の方が亡くなったのですが、ご家族もいなく天涯孤独なので、遠い親戚の方が葬儀を出してあげることとなったためというケースもあります。また、生活保護を受けていないため、葬祭扶助も受けられないためというように、火葬式の場合、お一人々の事情が異なるケースが多いのです。

だからと言って、通夜や告別式といった一般の葬儀は、必ず行わないといけないというものでもありません。たとえご家族がいらっしゃる場合でも、火葬式で済まされるケースもありますし、要はどうしたら心から故人をみおくってあげるかが大切となりますので、誰に遠慮することなく、葬儀社にその旨を告げて、自分なりの葬儀を行うのが一番です。良心的な葬儀社であれば、ご遺族の方のそんなお心を察し、火葬式だけであっても心のこもった式を執り行ってくれるはずです。

日本では、火葬を行った後に焼いた遺骨は骨壷に収骨され、墓地や納骨堂などに埋葬します。もしも、散骨を希望される場合には注意が必要です。というのは、最近では北海道長沼町など、条例等により散骨を禁止・規制している地方公共団体もあるからです。かつての日本のように土葬を習慣としていた韓国や欧米等でも、最近では、用地不足や衛生上の問題から火葬にするケースが増えてきているようです。その背景には、中国で発生したある事件が影響をしていると言われています。

漢民族の居住領域では、主に韓国と同じく儒教の影響と高い人口密度から、土葬用の土地が不足し、深刻な社会問題となりました。そこで、中国共産党の強権政策で、火葬が義務化され、土葬は厳禁となったのです。火葬がきちんと行われたかどうか、遺骨の有無をチェックするという徹底ぶりだそうです。ところが、中国社会は「上に政策あれば下に対策あり」のお国柄である。富裕層を中心に土葬に拘る人々が多い。そのため中華マフィアが暗躍し、人々を誘拐して殺害したうえ火葬用の遺体として提供するビジネスが横行する事件が起こった。主に広東省東部地域から福建省にかけての所得格差の激しい地域で、推定犠牲者数だけでも400人以上に上るという政府発表があるが、実数は不明という有様である。


葬儀のやり方も実に様変わりしていろいろなやり方が可能になって来ました。
いざと言う時のためにも、どんなやり方で葬儀を行うのかを知っておくようにしましょう。
お勧めします葬儀社の選び方は、一般的な葬儀、家族葬、火葬のみで行うなどいろいろなやり方が出来る葬儀社を探すことです。 故人や遺族の希望にマッチするやり方が可能になる葬儀社であれば、滞りなく執り行えるようになるでしょう。 そのためにも、葬儀社の選び方は、まず、どんなやり方の葬儀が可能な葬儀社であるかを調べておくことをお勧めします。


 

Calendar