末期の水(死に水)とは(2)

末期の水(死に水)とは(2)

私の祖父はタオルを用いていましたが、新しい筆や割り箸に脱脂綿をくくったもの、またしきみの葉や菊の葉を使用します。
また私の家では、祖父のみが行っていたように記憶していますが、配偶者に続き、血縁の深い順に家族が行うとされています。
病院で亡くなった場合は院内で行うこともあるようです。

葬儀社を選ぶときには、見積りを比較することをお勧めします。

余談ですが、私が大人になってから父親に、祖父が祖母にしていた末期の水のことを話したんです。
すると父は、「じいさんそんな事してたのか!」と感慨深いものを覚えていた様子でした。

昔気質な祖父でしたから、何となく我が子の前ではできなかったのでしょうか。
今はその祖父も亡くなってしまいましたので、聞くことはできませんが、もしタイムマシンで当時の祖父に会うことができたならば、私はこう言ってやりたいです。

「おじいちゃん、タイムボカン(当時のアニメ)のタオルじゃなくて、ちゃんとしたタオル使おうよ!」
と・・・。


数多い葬儀社の中で、自分たちの思いなどが伝わってそれを形にしてくれる葬儀社はかならずあります。
金額やセレモニーの内容など、細かく教えてくれる葬儀社を探すためには、何社か見積りを取り、比べて自分たちに会う葬儀社を選ぶことをお勧めします。

Calendar